研究科紹介

ホーム > 研究科紹介 > 社会基盤環境学専攻

社会基盤環境学専攻

 地球レベルから地域レベルまで、複雑化・多様化する現在の環境問題は、人間活動の増大と高度化によって引き起こされたものであり、その解決に向けては、社会経済活動の主要な場である都市と農村において、省資源・省エネルギーを進めるとともに、大気、水、土壌、生物等の資源循環を適切に維持・管理していくことが必要です。また、わが国では、社会経済活動の高度化や都市化の急速な進展とともに、都市環境のみならず農村環境の悪化も進んでおり、都市と農村の関係をふまえた地域環境の再構築が急務となっています。
 本専攻では、人間活動の主要な舞台である都市と農村を対象として、社会経済活動とそれを支える開発が環境に及ぼす影響を明らかにするとともに、環境と調和した持続可能な地域社会を実現していくための社会基盤と空間の創出、また、食料生産に欠かせない大気、水、土壌、生物等の資源の持続的利用や循環の維持管理に関する計画と技術について教育研究を行います。

・ 都市環境創成学講座    詳 細 
・ 農村環境創成学講座    詳 細 
社会基盤環境学専攻イメージ