研究科紹介

ホーム > 研究科紹介 > 生物生産科学専攻

生物生産科学専攻

 安全・安心な食料の安定的生産と分配、環境の保全と生物多様性の維持は、私たちの生存に関わる根源的な課題であり、今日、地球的な規模でますます重要になっています。私たちの豊かで文化的な生活には栄養価が高く食味の優れた乳や肉製品、食用作物や園芸作物、潤いを与える観賞植物を欠かすことはできません。これらの課題に対応するためには、動植物や病原菌を含む微生物の生理・生態と生活環を深く理解し、それに基づいた効率的かつ持続可能な実用技術の開発・改良と普及が必要とされます。
 本専攻では、21世紀に求められる動物(家畜)と植物(作物)の効果的な利用研究に焦点を当て、生物個体を扱うマクロなサイエンスと細胞・遺伝子・化合物などを扱うミクロなサイエンスを融合させた食の生産に関する最先端の教育研究を行います。

・ 植物機能開発学講座   詳 細
・ 動物機能開発学講座   詳 細
植物機能開発学講座イメージ

動物機能開発学講座イメージ