研究科紹介

ホーム > 研究科紹介 > 資源循環学専攻 > 持続可能社会形成学講座 > 循環型社会計画学

環境生命科学研究科概要
特色ある教育・研究プロジェクト
専攻(博士前期課程)
専攻(博士後期課程)
先進複合領域副専攻
パンフレット・学術誌
関連学部等
関連センター
終了したプロジェクト

循環型社会計画学分野 (Planning of Sound-Material Cycle Society)

教員

阿部先生 教 授 :阿部 宏史  Prof. ABE Hirofumi
E-mail:abe1@(@以下はcc.okayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野: 都市・地域計画学,環境計画学,交通計画学

西村先生 助 手 :西村 典子  Research Assoc. NISHIMURA Noriko
E-mail: @(@以下はcc.okayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野:

主な研究テーマ

 本研究室では,持続可能な都市・地域社会を構築するための計画全般(都市・地域計画,交通計画,環境計画)に関するテーマを幅広く研究しています。

都市・地域における環境負荷の推計と持続可能社会構築に向けた課題分析

 都市や地域における経済活動と資源・エネルギー消費,二酸化炭素排出,廃棄物排出等の環境負荷発生との関連を定量的に分析し,環境負荷の小さい持続可能社会構築に向けた政策課題を分析する。具体的には,国全体あるいは全国各地域における財貨及びサービスの流れを総合的に把握できる産業連関表や人間活動により消費される資源量を分析・評価する指標であるエコロジカル・フットプリント等の手法を用いて,都市や地域における様々な活動が環境負荷の発生に及ぼす影響を実証的に分析するとともに,都市・地域計画や環境計画への応用について検討している。

img_theme01.jpg

最近の主な業績

  • 氏原岳人・阿部宏史・野中捷:住宅地の盛衰クラスターからみた都市スポンジ化の実態, 都市計画論文集, Vol.51 No.3 pp.466-473, 2016.
  • 水野彩加・氏原岳人・阿部宏史:わが国の空き家及び空き地対策の現状とコンパクトシティ政策との連携手法の提案, 都市計画論文集, Vol.51 No.3 pp.1101-1108, 2016.
  • 氏原岳人・阿部宏史・村田直輝・鷲尾直紘:地方都市における都市スポンジ化の実証的研究-建物開発・滅失・空き家状況の視点から-,土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.72 No.1, 62-72, 2016.
  • 氏原岳人・阿部宏史・佐々木麻衣:津波に対する”備え”特性の類型化と避難行動への影響,都市計画論文集, Vol.49 No.1, pp.120-127,2014.
  • 氏原岳人・阿部宏史・入江恭平・有方聡:二極の特性の異なる商業エリアを有する中心市街地内の回遊行動の実態分析-岡山市の中心市街地を事例として-, 都市計画論文集, Vol.49 No.3, pp801-806,2014
  • T. Ujihara, H. Abe and H. Shitasaki:Spatiotemporal analysis of depopulation processes-How does an urban area become perforated?-, The 10th International Conference on Urban Planning and Environment, Symposium proceedings, pp.470-482, 2012.
  • 織田恭平・阿部宏史・氏原岳人:地域産業連関モデルによる農林漁業・食品工業部門のCO2排出構造分析と政策シミュレーション, 地域学研究, 第41巻, 第4号, pp.985-1001,2012.

修了生の進路

  • 進学
  • 公務員(国土交通省や岡山市などの地方自治体の土木職)
  • 企業(建設コンサルタント,電力及び道路・鉄道関連,ゼネコンなど)