研究科紹介

ホーム > 研究科紹介 > 資源循環学専攻 > 持続可能社会形成学講座 > 交通まちづくり学分野

交通まちづくり学分野 (Urban Planning)

教員

橋本先生 准教授 :橋本 成仁 Assoc. Prof. HASHIMOTO Seiji
E-mail:seiji@(@以下はokayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野: 都市交通計画、地区交通計画、交通まちづくり

主な研究テーマ

 本研究室では、持続可能な都市を構築するための計画について、交通の側面から研究しています。 特に、交通まちづくりを進める上で、重要な視点となる交通安全や公共交通に関する研究は様々な視点から継続的に進めており、実際の都市の計画づくりにも研究室の学生と共に参画し、成果を上げています。

RR間隔を用いた生活道路内のドライバーのストレス反応に関する研究

 我が国の交通死亡事故件数の内、生活道路での事故が占める割合が微増傾向であり、生活道路内の交通安全が重要な課題となっている。生活道路は自動車と人が密接に関わる空間であるため、走行中のドライバーに過剰なストレスがかかることが考えられる。また、医学の知見より、過剰なストレスは活気の低下やイライラの増幅などを引き起こすことが明らかになっている。そこで本研究では、医学研究でも運用実績のあるホルター心電計を用い、ドライバーの生活道路内走行時のストレス反応に着目し分析を行っている。具体的には、ドライバーの心拍間隔を表すRR間隔を用い、対自動車、対歩行者時の過剰なストレス反応についての分析、またハンプなどの交通安全対策の評価の検討を行っている。

RR間隔

室車両を用いて公道走行を行った実験の状況

ETC2.0プローブデータを用いた抜け道交通の実態把握に向けた研究

 ETC2.0プローブデータは自動車の急ブレーキや走行経路などの情報を収集したものである。国土交通省が主体となって普及を行っているものであり、そのプローブデータは車種・メーカーに縛られず、交通の実態としての情報を収集できるメリットがある。そこで本研究では、ETC2.0プローブデータを用いることで、これまで経験的にしか指摘することができなかった抜け道交通路線がどこに存在するのかを、定量的に把握することを目的としている。この背景の下、抜け道交通の特定及び交通事故との関係について分析、検討を行っている。

ETC

ETC2.0データによる抜け道利用の実態捕捉と交通事故発生状況

コミュニティサイクル導入によるまちの魅力への影響に関する研究

 近年、都市の新たな移動手段として多くの都市でコミュニティサイクルが導入され始めている。一方で、その利用動向や事業効果についてはあまり把握されておらず、これらを明らかにすることはまちづくりにおいて必要だと考えられる。本研究では、岡山市コミュニティサイクル「ももちゃり」を対象に、コミュニティサイクル利用者・非利用者それぞれの視点からコミュニティサイクルに対する評価・イメージを把握し、それらがどのように来街者の回遊性を高め、結果としてまちの魅力向上につながるのか検討を行っている。

ももちゃり

岡山市中心部で活用されているコミュニティサイクル「ももちゃり」

最近の主な業績

  • 橋本成仁・海野遥香:RR 間隔を用いた生活道路内走行時のドライバーのストレス反応に関する研究. 都市計画論文集, Vol.51, No.3, 1226-1233, (2016).
  • 岡村篤・橋本成仁・松村博文:中山間集落における現在並びに将来のバスの利用意向に関する基礎的研究. 都市計画論文集, Vol.51, No.3, 1249-1256, (2016).
  • 橋本成仁・西浦哲哉:生活道路のカラー舗装の導入に対する地域住民の賛同意識に関する研究. 土木学会論文集D3 (土木計画学)  Vol.72, No.5, I_879-I_888 (2016).
  • Seiji Hashimoto, Syuji Yoshiki, Ryoko Saeki, Yasuhiro Mimura, Ryosuke Ando, Shutaro Nanba: Development and application of traffic accident density estimation models using Kernel Density Estimation. Journal of Traffic and Transportation Engineering (English Edition) 3, 262-270 (2016).
  • 三村泰広・橋本成仁・嶋田喜昭・安藤良輔・吉城秀治:周辺土地利用と生活道路の理想的性能を考慮した面的速度抑制対策箇所の選定方法に関する研究-豊田市におけるケーススタディ. 土木学会論文集D3 (土木計画学) Vol.71, No.5, I_711-I_723 (2015).
  • 橋本成仁・厚海尚哉:高齢者の余暇活動と主観的幸福感に関する研究. 土木学会論文集D3 (土木計画学) Vol.71, No.5, I_567-I_576 (2015).
  • 橋本成仁・西浦哲哉・三村泰広:速度抑制効果に着目した道路のカラー舗装に関する研究. 都市計画論文集 Vol.50, No.3, 715-722, (2015).
  • 岡村篤・橋本成仁:生活道路における交通安全と防犯の「安心・不安」に対する意識構造分析 –街路空間の構成要素と個人の地域社会とのつながりに着目して-. 都市計画論文集 Vol.50, No.3, .703-708 (2015)
  • 橋本成仁・厚海尚哉:移動のしやすさと高齢者の主観的幸福感の関係に関する研究. 都市計画論文集, Vol.50, No.2, 162-169, (2015).
  • 田尾圭吾・橋本成仁:中山間地域における将来の移動手段の不安に関する要因分析. 交通工学論文集, 特集号 Vol. 1 (2015) No. 2, A_165-A_171, (2015).

修了生の進路

  • 大学、研究機関、コンサルタント、公務員、鉄道会社など