ニュース

ホーム > ニュース > 大学院環境生命科学研究科でシンポジウムを開催

大学院環境生命科学研究科でシンポジウムを開催

 大学院環境生命科学研究科は、1月25日に「International Symposium on Environmental and Life Science(環境生命科学シンポジウム)」を津島キャンパスで開催しました。
 本シンポジウムは、環境生命科学研究科学生奨励研究費を授与された博士後期課程の学生25人を対象に行われており、発表学生は採択された研究課題についてフラッシュトーク(英語による短時間での研究概要紹介)、ポスターセッションを行いました。本研究科学術研究委員による審査の結果、WALI Ajimalさん、PHAM Hoang Son Hungさん、SUMINTO Syaefudinさんの3人に「Poster Award」が授与されました。
 今年度は新型コロナウイルス感染症の影響を受け、アンジャン大学(ベトナム)のDr. Tanhによる招待講演は、Zoomを使用したオンラインにより行われました。

オンラインで講演を行うDr.Tanhオンラインで講演を行うDr.Tanh



フラッシュトークの様子フラッシュトークの様子



発表者や聴講者による集合写真発表者や聴講者による集合写真