プロジェクト

ホーム > プロジェクト > ヒマラヤ山系を中心としたアジア山岳地帯の小型在来馬に関する調査研究(生物生産科学専攻)

ヒマラヤ山系を中心としたアジア山岳地帯の小型在来馬に関する調査研究(生物生産科学専攻)

◆日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(B)(海外学術調査)
◆研究代表者:国枝 哲夫
◆平成29年度~平成31年度

これまでのラオス、ミャンマー等における在来馬の遺伝学的な調査研究により、アジア南部の山岳地帯にて飼育されている小型在来馬は、他の家畜馬とは由来が大きく異なる可能性が示唆されていいる。そこで本研究では、ネパール、ブータン等の山岳地帯において飼育されたいる小型在来馬の調査とDNAサンプルの採取を行い、ミトコンドリアDNA等の遺伝学的解析によりその遺伝学的特徴を調べることで、これらアジア小型在来馬の由来を明らかにする。