研究科紹介

ホーム > 研究科紹介 > 生物生産科学専攻 > 植物機能開発学講座 > 野菜園芸学分野

野菜園芸学分野 (Vegetable Crop Science)

トウガラシ遺伝資源を用いた有用形質の解析と育種への応用

安場先生 准教授: 安場 健一郎 Assoc. Prof. Dr. Kenichirou YASUBA
E-mail:ysbken@(@以下はokayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野: 蔬菜園芸学
Yoshiyuki TANAKA 准教授: 田中 義行 Assist. Prof. Dr. Yoshiyuki TANAKA
E-mail:yoshi-tanaka@(@以下はcc.okayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野: 蔬菜園芸学

主な研究テーマ

 トマトやトウガラシ等の野菜生産に関して,育種的,植物生理的観点から研究を進めています.最近は特に,トマトの施設栽培における環境制御の効果に関する研究,トウガラシの辛味成分に関する研究を中心に実施しています.

施設園芸での環境制御技術の開発

 施設を利用して作物を栽培する際には、気温、湿度、CO2濃度などの温室内の環境を制御することにより、効率的な生産が可能になります。環境制御を高度に発展させた植物工場が注目されていますが、今後も日本の施設にあった環境制御手法を新たに開発していく必要があります。日本で開発された、ユビキタス環境制御システム(UECS)を利用して、施設生産の環境制御を効率化するとともに、施設園芸でのICT利用技術の開発についても取り組みを行っています。

トウガラシ遺伝資源を用いた有用形質の解析と育種への応用

 トウガラシはナス科トウガラシ属の植物です。トウガラシ属の果実には、香辛料として利用される辛味品種と青果用の非辛味品種があり、どちらも世界的に重要な野菜になっています。当研究室では、世界中から多様なトウガラシ品種を収集し、遺伝資源として保有しています。このトウガラシ遺伝資源は品種ごとに辛味、果実形、色などが異なっており、現在品種ごとの形質評価し、新しい有用品種の育種に利用しようとしています。また、トウガラシ遺伝資源に見られる無辛味〜激辛という辛味の幅広いバリエーションに注目し、どのようにしてトウガラシの辛味が決定されているのかという課題にも取り組んでいます。

研究業績リスト

  • Tanaka Y, Nakashima F, Kirii E, Goto T, Yoshida Y, Yasuba K: Difference in capsaicinoid biosynthesis gene expression
in the pericarp reveals elevation of capsaicinoid contents in chili peppers (Capsicum chinense). Plant Cell Rep. 36, 267-279, (2017)
  • Kirii E, Goto T, Yoshida Y, Yasuba K, Tanaka Y. : Non-pungency in a Japanese chili pepper landrace (Capsicum annuum) is caused by a novel loss-of-function Pun1 allele. Hort. J. 86, 61-69, (2017)
  • Tanaka Y, Sonoyama T, Muraga Y, Koeda S, Goto T, Yoshida Y, Yasuba K: Multiple loss-of-function putative aminotransferase alleles contribute to low pungency and capsinoid biosynthesis in Capsicum chinense. Mol. Breeding, 35, 142 (2015)
  • 安場 健一郎・多根 知周・田中 義行・後藤 丹十郎・吉田 裕一・黒崎 秀仁・岡安 崇史・星 岳彦:低コスト環境制御システム構築のためのプログラムライブラリの開発,25,12-18(2016)
  • 安場健一郎・星 岳彦・金子 壮・東出忠桐・大森弘美・中野明正:オープンソースハードウェアを利用した環境計測ノードの構築,農業情報研究,22,247-255(2013)
  • 安場健一郎・黒崎秀仁・高市益行・鈴木克己:ユビキタス環境制御システム通信実用規約に基づいた施設園芸用管理ソフトウェアの開発.,野菜茶業研究所研究報告,11,63-72(2012)

外部リンク

卒業生・修了生進路

  • 一般企業,公務員等

収穫祭ポスター